長野校

講師の竹内さんがお世話する菜園や田んぼ、
果樹園での講義と実習、見学会など。
自然菜園のモデルケースを実際に観て、
体感して、学ぶことができます。

自然菜園 のらのら平日コース

初心者~中上級者向け
自然菜園のらのら平日コース

本コース

1年間、月1~2回、平日に自然菜園の野良仕事を体験できるコース。

他のコースではなかなか扱えない、日々の自然菜園、自然稲作、自然果樹の日常メンテナンスを一緒に行います。スコップなど道具の使い方など実際の野良仕事を通じて、草や虫と共存しながら持続可能な自然菜園づくりを学びます。

★自給自足、田舎暮らしをしたい方にお奨め。農園管理を四季折々の野良仕事の体験を通じてまなぶことができます。

★自然菜園の研修生をご希望の方、いずれは菜園をやりたい方、土に触れたい方、身体を動かしたい方にも最適です。

★元田んぼで、菜園、果樹園など無農薬栽培したい方にお奨めです。

◆自然菜園のらのら平日コースの特長
雑誌や書籍にはなかなか載らない、自然菜園スクール開催の間に行っている日々の野良仕事を学ぶことができます。

平日開催なので、週末参加できない方にお奨めです。
お茶の時間に、自分の畑の相談をすることができます。

推奨テキスト
『自然菜園で自給自足の12か月』(宝島社)

講座の柱

講座は、毎回、以下の3つの柱に基づいて行います。

  • 1)自然菜園スクールで今まで扱えなかった日々の野良仕事を体験できます。
    • 長野校の自然菜園モデル区を一緒に、野良仕事できます。
    • 元田んぼの菜園化に欠かせない、水脈整備を学べます。
  • 2)自然菜園以外の果樹、田んぼの野良仕事も学べます。
    • 自然稲作、自然果樹など菜園以外の、日々の野良仕事を体験できます。
  • 3)持続可能な自給農園の作り方、管理の仕方
    • 農具の使い方、自給農園の管理の仕方(スコップの使い方・鍬の研ぎ方、草の管理の仕方など)

時間割

時間 内容
13:30~15:00 実習
15:00~15:30 お茶(Q&Aタイム)
15:30~17:00 実習の続き、終わり次第終了

※基本、雨天決行です。雨具をご持参ください。
※稲作をする場合、田靴も必要です。
※天候や開催日によって時間帯変更になる場合がございます。

年間日程

日・曜日 内容
3月11日
(水)
踏み込み温床準備(育苗土の掘り出し) クン炭焼き
3月25日
(水)
果樹の移植準備(定植)、キウイ棚仕上げ
4月8日
(水)
踏み込み温床の育苗土袋詰め、発芽試験、果樹の支柱立て
4月22日
(水)
田んぼの畦づくり(田んぼの水脈づくり)、果樹の支柱立て
5月13日
(水)
夏野菜の支柱立て(定植準備) 、果樹の摘花
5月27日
(水)
田んぼの初期除草(チェーン除草&手取り除草)、大豆の種まき
6月10日
(水)
夏野菜の誘引&草マルチ、果樹の摘果
6月24日
(水)
果樹の無農薬防除(袋がけ)、大麦&小麦刈り
7月8日
(水)
小麦刈り&脱穀(雨の場合は、畦草刈り&草マルチ)
8月12日
(水)
夏野菜の収穫&誘引、ニンジンの間引き
8月26日
(水)
夏野菜の収穫&誘引、カボチャの採種果の収穫
9月9日
(水)
ネギの植替え、畦草刈り&草マルチ
9月23日
(水)
稲刈り&はざがけ、大豆のエダマメの収穫
10月14日
(水)
稲の脱穀、果樹の越冬準備
10月28日
(水)
大豆の収穫、大麦、もしくは小麦播き
11月11日
(水)
獣害防除対策(鹿&イノシシ)、秋の水脈整備
12月9日
(水)
麦踏み、果樹の剪定

※野外での活動が中心になりますので、天候により当日の内容が変更となることがございます。ご了承ください。
※午前中から行う場合もございます。

授業料

種類 受講料
年間参加 受講 20,000円
※夫婦参加の場合30,000円
年間フリー参加 受講 0円
※同年の自然菜園スクール他コースの年間受講生に限ります。
体験参加
(1回)
2,000円
※夫婦参加の場合3,000円

※参加する月によっては、自然菜園野菜(余剰農産物)をプレゼントする場合もございます。

お申込フォーム トップページ